3D浸水想定マップについて

ハザードマップとは?

自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図化したものを「ハザードマップ」言います。
防災マップ、被害予測図、被害想定図、アボイドマップ、リスクマップなどの名称で呼ばれることもあります。
近年、異常気象による洪水や土砂崩れなどにより甚大な被害が生じ、多くの大切な人命が失われています。
GISを利用し、事前に被害予想範囲を可視化することにより、平時に様々な事前準備を行ない災害による被害を最小限に抑えることができます。

本サンプルについて

ここでは、愛媛県今治市の中心部での浸水想定を表示しています。
これは、あくまでサンプルであるため「高さ」情報については仮の値を使用しています。
皆様にご理解いただきたいことは、一般的な「紙」のハザードマップと比べた場合との印象(感じ方)の違いです。
紙のハザードマップは二次元であるため、現実問題としてイメージしにくい部分がありますが、三次元にするとグッと身近なものとして捉えることができるのではないでしょうか?

※本サンプルは、「地理院地図Vector(仮称)」を利用しています。